西大路七福社ご利益めぐり
熊野神社衣笠分社

熊野神社衣笠分社くまのじんじゃきぬがさぶんしゃ

由緒、略記

 熊野神社は、弘仁2年(811)に修験道の日圓上人(にちえんしょうにん)がこの地に紀州熊野大神を勧請したのが始まりで、当時は白川熊野社または熊野権現社と言われておりました。
 寛治4年(1090)、白河上皇の勅願により聖護院が創建されると、その鎮守社となりました。応永3年(1396)には足利義満公により広大な社地を寄進されましたが、応仁の乱の戦乱により荒廃し、僅かに小祠を残すのみとなりました。
 江戸時代の寛文6年(1666)、聖護院宮道寛法親王により再建され、天保6年(1835)には下鴨神社旧本殿が移築されて大修造が行われました。現在の本殿はその際のもので、代表的な流れ造り檜皮葺の社殿で、礎石はすべて白川石材を重積したものであり、屋根檜皮は光格上皇の寄進によるものです。明治維新以後は神仏分離により熊野神社と改称されました。
 当熊野神社衣笠分社の鎮座地には、朝廷に仕えた典薬医の屋敷がありました。彼は孝明・明治・大正の三天皇の診療に携わり、晩年は京都に戻り漢方医院を開業しました。熊野神社を崇敬すること殊の外篤く、没後にその屋敷地の寄進を受け社殿を設けて、この地でも熊野大神をお祀りしています。

[鎮座地]  京都市北区小松原北町135
[電話番号] 075-69461-7836
[ご利益]   縁結び、安産、病気平癒

地図